NEWYORKER LTD. Recruiting Infromation
  • 先輩社員に5つの質問

Sitemap

ENTRY

石坂 洋祐 入社:2010年 職種:ECサイト運用(紳士服)/販売統括本部e推進部

異業種からの転職。自分の力を試す、絶好の機会でした。

Career

1日の仕事の流れ
  • □ 9:30 出社
  • □ 10:00 メール確認&先週の売上を確認商品の並び替えや、テキストの変更など、先週取り組んだ施策に対する効果や反応を確認。
  • □ 11:00 会議先週の振り返りと、今週の新たな施策を、チーム内で共有。今後のスケジュールを再確認。
  • □ 12:00 ランチ
  • □ 13:00 商品情報の更新と校正作業午前中に打ち合わせした施策に、担当分けをして作業スタート。この日は新商品50点の写真・文章の校正作業。
  • □ 17:00 商品の仕入れ商品の在庫状況を確認し、不足している商品を手配。
  • □ 19:30 退社

休日の過ごし方

今のシーズンは、スノーボードですね。金曜日夜に出発して、土曜日・日曜日に滑って、月曜日の朝に戻ってきて、そのまま出社することもあります。友人のすすめもあって、最近は登山にもハマっています。ニューヨーカーにある登山部にも入部しました。

「どこまで通用するのだろうか?」大企業で、自分の実力を試してみたかった

前職はスノーボードのPRと営業で、それ以前は橋染(高速道路など)の設計エンジニアをしていました。他の人とは少し変わった経歴なので「なぜアパレルメーカーに転職したの?」って、いろんな人に聞かれます。企業はセールス、マーケティング、プロダクト、リテール(小売)、ビジネス(経営)で成り立っていると思っていて、セールス・マーケティングは前職で、プロダクトは橋の設計でそれぞれを経験。まだ経験していない分野は「リテール(小売)」だったので、それでニューヨーカーに応募しました。
また今までの勤務先が小規模な企業ばかりでしたので、日本を代表する企業で自分の力を試したいという思いもありました。アパレルメーカーはほとんど知らなかったんですが、そのなかで唯一知っていたのがニューヨーカー。親父がニューヨーカーを好きで、わたしが社会人になるときに買ってくれたのもニューヨーカーのスーツでした。かっこよく、気持ちが引き締まりました。設計エンジニアは作業着で、営業は普段着とビジネスシーンであまりスーツを着たことがなかったので、スーツへの憧れというのも強かったと思います。

WEB上の販売スタッフとして、「見やすさ」「わかりやすさ」を大切にしています。

わたしの仕事は、ニューヨーカーのECサイト「NYオンライン」の運用業務です。キャンペーンを告知したり、商品を魅力的に見せる並べ方や写真・文章を考えたり、直接お客さまを接客することはありませんが、お客さまが商品を探しやすくするための売り場づくりを行なう、いわば「NYオンライン」上の販売スタッフです。わたしたちの工夫やアイデア次第で売上が大きく変わる、やりがいのある仕事です。
「NYオンライン」は、商品を購入できる店舗としての役割を担っているだけではなく、同時にお客さまやショップのスタッフたちの「商品カタログ」にも利用される、会社の顔と言えるオフィシャルサイトです。それだけに「NYオンライン」の販売スタッフとしては、つねに2つの点に心がけています。それは「見やすさ」と「わかりやすさ」。これをおろそかにすると、販売だけでなく、商品カタログという役割も失われてしまいます。カメラマンが撮影した商品写真や、ライターが書いた商品のPR文も、この2つのことを徹底的にこだわり、少しでも違っていたら、適正な写真や文章に仕上がるまで変更してもらいます。
2011年夏に、鹿島アントラーズと、EDWINとニューヨーカー3社のコラボレーションによる『トリプルコラボデニム』を発売しました。僕も一スタッフとして関わり、WEBで展開するPRページを作成しました。2週間であっという間に完売。チラシやメディア広告とWEBを、どのように連動させて、商品販売につなげるのか等、いろいろと勉強をさせてもらいました。今後はこういうプロジェクトに、もっと深く関っていきたいですね。

学生の皆さんへメッセージ

何事にも、つねに積極的に取り組むことが大切です。就職活動では、自分の力だけではどうにもならない事もありますが、ポジティブでいればチャンスは必ず巡ってきます。ニューヨーカーにも多くのチャンスがあります。自分を信じて、あきらめずに最後まで頑張りましょう。

COPYRIGHT © NEWYORKER LTD. All rights reserved.