NEWYORKER LTD. Recruiting Infromation
  • 先輩社員に5つの質問

Sitemap

ENTRY

宮澤 博之 入社:2003年 職種:VMD/第一MD推進部

新しいアイデアで売上に貢献できる仕事です。

Career

1日の仕事の流れ
  • □ 9:15 出社
  • □ 9:30 メール確認ほか前日の店舗の売上をチェックして、気になった店舗には電話で状況を確認。
  • □ 10:00 会議来シーズンのスーツについての話し合い。売り出すスーツを提案し、MD、営業、店長などから意見をもらう。
  • □ 11:00 撮影カメラマンと、店舗に配信するディスプレイ案を撮影。
  • □ 13:00 ランチ
  • □ 15:00 店舗を訪問店長から各商品の売れ行きなどをヒアリング調査。商品陳列、店舗のレイアウトを変更する。
  • □ 19:00 退社

休日の過ごし方

夏はサーフィンですけど、その他はほとんど家でのんびりしています。録画しておいたドラマや、バラエティを観たり、家で飼っている猫たちと遊んだりしています。

[ ファッション ]

昔から流行りモノが好きですね。周囲で買い始めたら自分も必ず買ったりしていました。今も人気のテイストは取り入れるようにしています。プライベートはキレイ目カジュアルですね。

店舗へ出向き、売上につながるディスプレイと陳列方法などをアドバイス。

以前は、アミューズメント関連の仕事をしていました。販売の経験はありませんでしたが、毎シーズン流行のアイテムをチェックするくらい洋服が好きだったので、アパレルという業界に転職を考えました。ニューヨーカーは、アットホームな雰囲気が魅力でした。困ったときは力になってくれたり、失敗した時にはフォローしてくれたりと、上司や同僚が親身になってサポートしてくれる職場は大変働きやすく、今年、勤続8年目を迎えることができました。

VMDには、7年間店舗で販売を経験した後、去年配属になりました。VMDとは「ビジュアルマーチャンダイジング」の略です。一般的に、MDや商品デザインを考える企画スタッフが、ブランドのコンセプトやシーズンに合わせて、商品を企画しています。その企画意図を汲み取って、お客さまにビジュアルとして見せるのがわたしの仕事です。商品の魅力を最大限引き出せる売り場に作り上げ、売上に貢献することがVMDのミッションです。

「S字フック」という新しいディスプレイが売上げに貢献。

まずシーズンが始まる前に、棚に並べる商品例や、おすすめのコーディネートなど、店舗での陳列マニュアルを作成します。それをメールで全店舗に発信して「この商品が入ってきたらこのように棚においてください」と店長にアドバイスします。時間があれば、できるだけ店舗に顔を出して、商品の陳列方法や、ディスプレイなどを確認するようにしています。その際、店長やスタッフに他店での成功事例を共有しながら、売上につながるアドバイスを行ないます。

一年前、エドウィンとのコラボレーションでデニムを販売した際、カジュアル感を出すために「S字フック」を使った新しいディスプレイを浸透させてきました。今までパンツは畳んで陳列していたため、お客さまの目に留まらず、売上が伸び悩んでいました。そこで「S字フック」を使って「デニム」全体が見えるように工夫。ニューヨーカーにとっては、初めての試みでした。どんな反応があるのか不安ではありましたが、お客さまが商品を手にとって、つぎつぎとお買い求めくださいました。予想以上の売れ行きでした。いまでは「Sフック」が多くの店舗で導入されるまでになり、自分が店頭で浸透させたものが、売上につながったときはやりがいを感じます。

お客さまがどんな商品を求めていて、どう見せれば買っていただけるかは、店舗に立って、お客さまを接客していないとわからないのが正直な気持ちです。ただ新しい商品が毎シーズン投入されるなかで、お客さまに新鮮さや驚きを与えられるのは、わたしの役割だと思っています。これからもVMDとして、お客さまのために見やすく買いやすい店づくりを目指して、新たなアイデアを提案、浸透させていきます。

学生の皆さんへメッセージ

表情というのは大切だと思います。笑顔の人と接すると、自分まで笑顔になっていることってありませんか?その時の気持ちはどうでしょう。きっと明るく、穏やかな気持ちになっているはずです。それは、物事をポジティブに考えさせてくれる薬です。人を幸せに出来ます。苦しいとき、辛いときこそ、このことを思い出して、大きな荒波を乗り切ってください。

COPYRIGHT © NEWYORKER LTD. All rights reserved.